--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.02

とうとう

Category: 季節
   
b180001_convert_20131202210056.jpg

   とうとう12月に突入しちまった




    
   紅葉した葉っぱは ちらりちらりと散ってゆき



b170001_convert_20131202205908.jpg

   散った葉っぱのその後に もう花芽の準備ができている



b190001_convert_20131202210245.jpg

  私の好きな ぽんぽん菊 今が盛り



晩秋と初冬を迎えるこの時期
色がなくなる季節の前に
自然は一瞬色彩を増すのはなぜだろう?





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hitoha18.blog.fc2.com/tb.php/168-9bc70578
トラックバック
コメント
ローソクの火が燃え尽きる少し手前で明るく輝きますね
この星のすべてが燃え尽きるときは
そのしるしのように主張して終わるんですね

例えば少し違うかもしれないけれど・・
決断して出かけるときなどに・・
では・・行きますって勢い付けるのに似てる(笑)
きっと植物も最後を振りしぼって・・・
色の箱を裏返しにして叩いてるんですよきっと。
ぱふぱふdot 2013.12.03 10:09 | 編集
ちょっとね、不思議に思ったのですよ
子孫を残すために輝くのは理にかなってるけど
散ってゆくだけなのに色づくのってなんでだろうと。
桂香dot 2013.12.04 20:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。