FC2ブログ
2012
11.19

Cholita Bonita

Category: 音楽
b-50001_convert_20121119124920.jpg


若いころに行ったペルー旅行の中で一番印象に残っている風景
チチカカ湖に浮かぶタキーレ島という電気もガスもなくインカ時代に造られた畑の石積みだらけの島に一泊した
夜 頭上は一面の星空
対岸のボリビア側の平原の方には低い雲が垂れ込めていて
その雲から何本もの稲妻が音もせずに地面に向かって光を放っている
湖の向こうでは嵐のような天気なはずだ 
だけどこちらは静寂に包まれている不思議な光景

写真はタキーレ島 スキャナで取り込んだのでいまいちな画像
音楽はチチカカ湖の町プーノの曲 
↓                           
Cholita bonita





関連記事
スポンサーサイト




Comment:2  Trackback:0
トラックバックURL
http://hitoha18.blog.fc2.com/tb.php/92-d2751e3a
トラックバック
コメント
アンデスを旅されたんですか・・いいなぁあ~
あこがれてるけど・・遠い
いっときアンデス地方のの色々な曲が
日本でもはやった時期がありましたね
イパネマの娘とかコンドルは飛んでゆくとか・・

旅行されてら・・声がかかったでしょう~
Cholita bonita!!って~
情熱的で・・解放的で~
「イパネマの娘」といえば、作曲:アントニオ・カルロス・ジョビン
作詞:ヴィニシウス・ヂ・モライスのコンビで作った有名なボサノバの曲
ボサノバばかりではなく・・アンデスならフォルクローですと
こだわる人もいて~素敵な曲が多いですね

ぱふぱふdot 2012.11.20 13:53 | 編集
残念ながら旅行中は bonita!! と言われたことはありません。
ひたすら、China!!(チーナ・中国人)と言われ続けてました。
標準的な日本人以上に細い目の私はお目々ぱっちりのペルー人にはとても不思議だったようで
子供からも大人からもよく言われました。
地方の街では明るく言うので構わなかったのですが
首都のリマではすれ違いざまにチナと囁くので嫌な感じ。
 
後日、日本で知り合ったペルー人にその事を言うと、
Chinaには可愛い女の子の意味もあるんだよと行ってくれましたが
絶対中国人の方で言われていました。
今となってはそれもいい思い出ですが。

桂香dot 2012.11.21 20:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top